【動画配信サービス比較まにあ】おすすめで人気のVOD比較ランキング

動画配信サービス(ビデオオンデマンド)の情報や、芸能人やドラマなどのTV情報を発信していきます。

動画配信サービスをレンタルビデオ・DVDを徹底比較<メリット・デメリットまとめ>

Hulu/U-NEXT/dTV/Netflix/Amazonプライムビデオ等の動画配信サービスと、TSUTAYAやゲオなどのレンタルビデオ・DVD・ブルーレイを比較してそれぞれのメリット、デメリットをまとめてみました。

この記事を読むと、どんな人に動画配信サービスが向いているのか、どんな人はレンタルの方が良いのかわかると思います。

 

動画配信サービスの方が優れている点

見たい時に家ですぐに見ることができる

レンタルの場合は、レンタルビデオショップにDVDやブルーレイを借りに行かないといけませんが、動画配信サービスの場合は、家のテレビやスマホ・パソコンなどですぐに見ることができます。

 

人気の最新作品でも貸出中で見れないということがない

レンタルビデオ・DVD・ブルーレイの場合、最新作品の貸出開始直後は、全て貸出中で借りることができないということが良くあります。当然、動画配信サービスの場合は貸出中という概念がないため、見ることができます。

 

返却忘れによる延滞料金がかからない

レンタルの場合、忙しくて借りたDVDのを見れなかったり、返却期限を忘れていて、返却期限を過ぎてしまった場合、延滞料金がかかってしまいますが、動画配信サービスの場合は延滞料金はかかりません。

 

テレビ/スマホ/パソコン/携帯ゲーム機など、対応機種が多い

レンタルの場合は、DVDやブルーレイの再生ができる機器が必要となります。動画配信サービスでは、インターネットが繋がるテレビ、スマートフォン、パソコン、携帯ゲーム機など対応機種が多いです。

 

業者毎のオリジナル作品を見ることができる

レンタルの場合、TSUTAYAやゲオ等、オリジナル作品はあまり聞きませんが、動画配信サービスでは、各業者毎にかなり豪華なオリジナル作品を作って配信していることが多いです。

 

毎月数作品を見る場合にはレンタルよりも料金が安い

レンタルでは大抵借りる本数毎に料金がかかりますが、動画配信サービスの場合、見放題動画をいくら見ても料金はかかりません。見る作品数が多いほどお得です。一部の最新作品など、追加料金がかかる動画を多く見る場合は当然それだけのお金がかかってしまいます。

 

レンタルビデオ・DVD・ブルーレイの方が優れている点

業者ごとの作品の偏りが少ない

動画配信サービスの場合、人気作品をU-NEXT独占配信とか、Hulu独占配信とか、特定の業者が動画配信を独占する場合がありますが、レンタルの場合、TSUTAYA独占とか、ゲオ独占とかあまり聞きません。

 

毎月視聴する作品数が少ない場合はレンタルの方が安いことも

動画配信サービスは大抵の場合月ごとの定額せいですが、月によっては全く見ない場合は、定額料金制でないレンタルを利用する方が安くなることがあります。

あまり多くの作品を見ない場合は、レンタルを利用するか、月額料金が安い動画配信サービスを利用することをおすすめします。

 

まとめ:動画配信サービスのメリットは多いが、場合によってはレンタルが良いことも

動画配信サービスとレンタルの良いところをまとめてみましたが、動画配信サービスのメリットはかなり多いです。動画好きの方には、動画配信サービスがかなりおすすめです。